自動ドア セルフチェック

※注  点検口を開け機械装置に触れるのは、危険ですので行わないでください。
 また、自動ドアを手動で動かす場合には、電源を切ってから指挟みになど十分に注意をして作業を行って下さい。


・人がいないのにドアが開閉する。
 最近自動ドアの近くに置いたものがないかチェックしてみてください。揺れるものや、光を反射するものがあると、それに反応する場合があります。外に面している場合には落ち葉などに反応する場合もあります。
 また、ガイドレールにゴミなどが詰まっていると、安全装置が働き反転する場合があります。
 以上をチェックしても解決しない場合にはセンサーの故障などが考えられる為、電源を切りコールセンターまでご連絡下さい。

・自動ドアの動きが遅い、途中で止まる。
 自動ドアのガイドレールに物が詰まっている可能性があります。ガイドレールにゴミなどがないか、鍵がかかっていないか確認して下さい。それでも直らない場合は、扉の変形や、吊車の破損、モーター、コントローラーの故障などが考えられますので電源を切りコールセンターまでご連絡下さい。

・自動ドアが動かない。
  →自動ドアが開き放しになる。
  電源を切り手で閉めても電源を入れた際にすぐに開いてしまう場合には、センサーが誤作動している可能性があります。メインセンサーや、補助センサーが汚れていないかを確認して下さい。それでも直らない場合は、センサーの故障の可能性があります。電源を切りコールセンターまでご連絡下さい。
  →自動ドアが開きも閉まりもしない。
→手動で動く場合:電源が入っていない可能性があります。ブレーカーが落ちていないか、電源スイッチが切れていないか確認してください。それでも駄目な場合は、モーターやコントローラーの故障などが考えられますのでコールセンターまでご連絡下さい。

→手動でも動かない場合:ガイドレールにゴミなどが詰まっているか、鍵がかかっている可能性があります。以上を確認しても駄目な場合には、扉の脱輪、吊車の破損などが考えられます。電源を切りコールセンターまでご連絡下さい。

・異音がする。
 下から聞こえる場合にはガイドレールに物が詰まっている場合がありますので、ガイドレールの清掃を行って下さい。それでも直らない場合や上部の機械装置から音が聞こえる場合は、吊車の摩耗、モーターの故障などが考えられます。電源を切りコールセンターまでご連絡下さい。

・異臭がする。
 ただちに電源を切りコールセンターまでご連絡下さい。

戻る